« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

自己流

昨日”自宅で押し花を・・・以前に女の子を作ってたのを保存袋に入れたまま忘れていたら(*^ー^)人(^ー^*) ナカマ!あれどうしたぁとの事・・・そうだ何かにと思い山登りを作って見ました 背景に和紙を使い空と雲に山に道と花材はバーベナ3種類,ピンクパンサー,シダの茶色と青,雲間草,ほうき草ノースポール,山葡萄のつる,雑草2種類.樹木はゴボウの皮で鳥はカラムシの葉っぱで作りました

この写真を見る  昨日”こんな感じに下絵を作りました お花がはっきり見えるように額に入れる前の画像です     

この写真を見る  今日の午後に額入りで仕上げました(PCの椅子の上です)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

紫陽花

日照日数の少なかった五月も終りに・・・自宅の紫陽花」中々開かないのに出先で満開を眺めて来た」一言に紫陽花と言っても種類が多いし色合いも多い 以前は普通に紫陽花と言うだけでお花が想像出来たけどこれもと思う程のが有った

この写真を見る  欲しくは無いけど\(^▽^@)ノ アハハ変わってる

この写真を見る  色鮮やかで綺麗・・・これは欲しいなぁ

この写真を見る  これも最近は多く出回って来た品種・・・今度植えるかなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い一日

今年の五月晴れは例年と違い数日だけで( ̄~ ̄;)??例年ならもっとカラット快晴が多いのに・・・陽射しが出ると焼けどしそうな暑さ 紫外線もこの時期は夏場より強いと言うから少し日向に居るだけでも肌がヒリヒリしてしまう 今日は押し花のお稽古」教室もクーラーも入り気持ちいいけど終っで外に出てドカッでしたぁ

この写真を見る  花器をパステルと水彩で描きそれにお花を入れました 撫子,レンギョ,十二一重,ブラキカム(大と小の花)エビネ,スノーポール,花ニラを入れて見ました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

霧雨続き

風薫る五月」新緑の香りが良く一番気候のいい時期なのに殆ど快晴が続かない日々が多く残念・・・早朝は陽射しも出て今日は(~▽~@)♪♪♪と思っても直ぐに薄日から曇りでポツポツと雨が夕方には本降りに成る日々である 折角のバラも雨に濡れて散り急いで地面には花びらが張り付いてる 晴れ間を見て撮って見た

この写真を見る  快晴なら当分は楽しめるのに・・・明日には終るでしょ

この写真を見る  今年は赤,黄色,ピンク,濃いピンク,白と五色の花が咲いた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続かない快晴

五月晴れ・・・そんな陽気が殆ど無く5月も半ばを過ぎた 昨日は早々の陽射しに喜んだけど今朝は曇りから予報は崩れないでしょだったのに 昼頃からポツポツと落ちて来た 折角のお花も雨では早く終りそう

この写真を見る  何年も植えかえしてないシランが今年は白が増えて満開

この写真を見る  ブラッキカムも可憐な花で冬場には枯れてもこの時期には花を付ける

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨で暇

昨夕から降り出した雨・・・朝から霧雨状態で新緑の木々も滴がポヤポタ お花は重そうにうなだれて( ´△`) アァ- 洗濯物も・・・夕方から陽射しも出て明日は快晴に成るとの事・・・午後から下駄箱の上に置いてるお花を入れ替えした 雨降りは湿度が高いので押し花作業には向かないけど・・・保存袋の乾燥も念入りにしでOKとした

この写真を見る  撫子とアジュガが沢山咲いてるので季節にピッタリ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常夏の花

ブーゲンベレア」以前は暖かい国のお花だったけど近年は温室などで年中見られるようになり季節を感じなく成りましたが名前の由来って面白と思う フランスの科学者で探検家でも有るルイ・マントワーヌ・ブーゲンビユと言う人が最初に発見したから付いた名前だそうですヽ(。_゜)ノ へっ? ブーゲンビリアとも言うそうです

この写真を見る  近くのセンターに見事に並んで思わずパチしました

この写真を見る  何処まで花なのか周りの額の中に白いお花が見えるのも可愛い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GWも終盤

PCも休んでのんびりと思ったが出かける事が多く(°°;)。。うろうろ。。"((;°°)が多かったかなぁ 幸いにお天気も一日崩れただけで快晴で暖かい日が多かった

この写真を見る  出先でヤマボウシの可愛い実がを見つけた   ピンクの花びらも残り開花時期より今頃の方が綺麗だと思う

この写真を見る  出歩いて居たら我が家のプランターの花もどれも満開に成ってた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »